maruo×emu お菓子制作秘話 2

Salon de Emuの持ち味はやっぱりフランス菓子なので、

メインでは、全員が食べられるケーキを作ろうと考えていました。

私が一番得意とする分野、「ムース系」のアントルメを。


当初私のイメージしていたブランドmaruoは、


高級感、宝石、フランス、アールヌーボー、ヴィクトリアン、ロココ、ヴィンテージ、アンティーク、ゴールド、パール、黒・・などのキーワード。


ケーキをそのままジュエリーに見立てて、創作しようと考えていました。


その後、11月上旬に初めてHitomiさんとお目にかかり、数時間、話を交わしていくうちに、

なぜだかわからないのだけど、”彼女自身を表現したい”と思ったのです。


ものづくりの世界には、

アクセサリーを作る人、洋服を作る人、靴を作る人・・・・などいろんな業種があるけれど、

唯一、料理とお菓子の世界にしかないものがある。


それは、外観以外に『味』でも表現できるということ!


両方のバランスが取れてこそ、素敵な作品ができあがると思っている私は、

Hitomiさんを、『味』でも表現してみようと思いました。


優しさや可憐さなら、淡い色合いを使いたくなる。

味にすると、フロマージュブランの白や、白桃の淡い味、フランボワーズと苺をブレンドしてベリーの甘さを出してみたくなります・・・。

しかし、

Hitomiさんはブラックがラッキーカラーなので、純粋に【チョコレート】に決定。

そして、柔らかく、穏やかさを感じさせる人柄は、1層目【キャラメル】の柔らかいムースで表現。キャラメルは私の得意分野です。いつも作っているキャラメルよりも、淡い色になるように、砂糖の焦がし加減を調節してみました。

2層目のショコラムースも、クレームアングレーズ(卵黄入り)ソースをベースとした、滑らかな味わいのムースにしました。


Hitomiさんの、”優しさの奥に秘めた深みのある強さ”を表現するのに選んだ食材は、

【スペイン産高級ヘーゼルナッツパウダー】でした。

個人的に、好きな食材で、これを使うとかなりコクが出るのです。

これらをたっぷりと土台の生地に使用して、アーモンドナッツで食感も持たせました。


【Bijoutière】と名付けた一台のケーキ。

装飾は、maruoブランドのヴィンテージボタンをモチーフに。

また、彼女の原点だという「扇」と、エミュのシンボル「蝶々」と「羽」を掛け合わせて創作してみました。


どこまでも、高く飛び立つような、未来への飛躍に想いを込めて。



*****


チョコレートという作業は、とても奥が深く、高度な技術を要するのはわかっていること。

私のレベルでは、写真をSNSに掲載することなんて、ほんと恥ずかしいレベルなのですが、自分の成長の糧になればと・・・・隠したいところを、あえてアップで出します><


ご賞味くださいましたお客様、本当にありがとうございました!












ESSAYエミュの休日

~エミュの人生ノート~ [人生は冒険] [運命は自分で切り開く] [自分らしく生きる] [人生を楽しむ] [天の恵みすべてに感謝] Le rêve de ma famille est d'immigrer en France♪