サロンと仲間づくり

私は、この仕事を始めて、自分のことをパティシエールと名乗っているけれど、

それはみんなに分かりやすいようにするための手段であって、ケーキを作ることだけを仕事にしているわけではない。・・というか、自分自身が、「ケーキを作るだけ」ということに物足りなさを感じるのだと思う。


お菓子教室はもちろんのこと、

イベントを考えたり、「企画」することがとても好き。

でも、誰とでも・・・ではなく。

そこには、やはり、私たちなりのこだわりがある。


このサロンに合うものか。

お客様に対する想いが、自分たちと一致しているだろうか。

そして、一番重要なこと。

わたしが楽しめる内容であるだろうか・・・ということ。


どんなに良いものを作り上げても、

自分が楽しめないものに、お客様が楽しめるわけがないと思っている。

だから、まず、「自分たちが楽しむ仕事内容にする」ということは、

私にとってとても重要な一部。


ケーキ創りに関しても同じで、


お客様のことを考えたり、どういう反応するだろう?とか、自分の好きな素材で作れるワクワク感など。ケーキを創っている背景にも物語ができていて、それが楽しさに変えてくれる。


今回のイベントでは、

業種の異なる、アクセサリーとスイーツを掛け合わせたものだったが、

「芸術×創作」という意味では繋っていて、私はこういったコラボレーションが気に入っている。

なぜなら、ジュエリー制作といった【自分が好きだけど、できないこと】をやっていただくことで、スイーツにはない世界が観られて、自分もスタッフたちもHAPPYになれるのだ。


Salon de Emuは都会にあるわけでもない。この田舎、愛媛にわざわざ来てくれるということ自体、同じ価値観、モチベーションでなければ成立しない。


今回、私の声掛けに、ふたつ返事でOKしてくれたmaruo さん、

そして、

maruoチームの皆さん、エミュまで来てくださったFANの方々には感謝しきれない。


このサロンを建てたとき、みんなが集まり、癒されたらいいなと思っていた。

そこには、夫婦でやりこなすのは不可能で、1年目からエミュに仲間を作っていった。

それが、現在のエミュスタッフ。もう、10年以上も一緒にいてくれる大切な仲間。


普段は味わえないような楽しいこと、普段は会えないような人たちとの出逢い、

それを叶えることができる、この場所を誇りに思う。


場所を構えて、それを維持することは想像以上に大変であるけれど

ここに来てくれた人たちが元気になったり、癒されて帰っていく姿を見ることができたとき、私達エミュのメンバーはそれに対して癒されるのです。


いつの日か、私はフランスにエミュを作るかもしれない。

ケーキを売る所ではなく、

今と同じく「癒し」がテーマとなる場所を。

ステキなmaruoチーム、そしてfanの方。

最後のお疲れ~の瞬間の笑顔です。


Merci Beaucoup !!!

ESSAYエミュの休日

~エミュの人生ノート~ [人生は冒険] [運命は自分で切り開く] [自分らしく生きる] [人生を楽しむ] [天の恵みすべてに感謝] Le rêve de ma famille est d'immigrer en France♪