明るく生きること

帰国してから、本を読む習慣がついて、たて続けに本を5冊読んだ。

日本語に飢えてるのか・・・!?(笑)もちろん、自分にとって為になる本。

(やっぱり、スラスラ読める日本語はいいな)

テレビは相変わらず、ネガティブな情報が多いので、観ていない。


2年ぶりにパリに滞在して、改めて感じたこと。

日本人は、治安に関して、、あまりに過剰に脅かしすぎなのでは・・・と。

それに行ったことのない人が、情報を鵜呑みにしてさらに噂を流すという悪循環。ホント、こういうのやめてほしいと切実に願う。


治安、スリ、デモ、ストライキ・・などなど。

ニュースでの情報は、ほんの一部。

身を守るのは、日本にいたって同じこと。

あまりに周りが脅かすと、心配性の人は、行きたくても行けなくなるよね。

こんな素晴らしい場所に。


実際、パリには、たくさんの日本人が住んでいるのだから。

海外から渡仏して、活躍している人も星の数ほどいて、活気ある街を見て、人々がなぜここに集まるのかも分かった気がする。


私にも、芸術の心があるようだ。


パリはアーティストたちが集まりたくなる魅力の場所。きっと何世紀も前から変わらず。

そんな場所を作り出しているフランス人は凄いと思う。

誰の中にも、芸術、愛があるれてるんだろうな。


フランスという国。いろんな人種の人たちが住んで、努力を惜しまず日々生きているように見える。もし私がここに住んでも、自分の身を守りながら、責任ある行動をして、明るく生きるのだと思う。それは、プラス思考の人間だけができること。


生きていくには、プラスでなければ!ね。


************


修復中のノートルダム大聖堂とセーヌ川。後ろ側からの姿。

ESSAYエミュの休日

~エミュの人生ノート~ [人生は冒険] [運命は自分で切り開く] [自分らしく生きる] [人生を楽しむ] [天の恵みすべてに感謝] Le rêve de ma famille est d'immigrer en France♪